読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら女の一生。

やさぐれたOLが書きたいことを何でも書く。

出品素人がメルカリを半年やって学んだこと。


スポンサードリンク

 f:id:kadr:20160122114716j:image

こんにちは。
 
年末セールや初売りのせいかまたは需要のないものばかり出しているからか、ここ最近全く商品が売れない私であるが、気づいたらメルカリの取引数が130件を超えていた。しかも嬉しいことに「全て非常に良い」である。
プロフィールから確認すると内訳は110件は出品で、残りの20件超は購入の取引だった。
 
110件も出品して取引した割には利益が少ないな〜と思ってはいるのだが(それは私がガチでいらないものを捨てるよりはマシだという金額で出しているからだ。要は薄利多売を極めている。)
それでも半年間コツコツと不要品処理のためにメルカリを続けてきて学んだことを書きたいと思う。
 
 

 「自分ならいくらで買うか」を念頭に置く。

メルカリでは、使いかけの化粧品や洋服など「正直こんなものも売れるの?」と言った想定外の商品が多々売れているため、出品者側としては需要に見合わない額で出品しがちである。
出品者側からすれば、手数料も10%とバカにならないため少しでも利益を上げたい気持ちは痛いほどよくわかるが、ここはひとつ冷静に、同品目の売り切れ価格の相場と第三者の目線に立って現在の状態ならいくらなら出せるかということを考慮する必要がある。
実体験でもこれを考えて値段をつけると、時間はかかっても売れることが多い。
 
 

 商品状態はしつこいくらい詳しく書く。

たとえば、一冊のコミックを売るとする。
もちろんコミックの表紙と裏表紙の写真を撮って本全体の状態を載せるが、それだけでは分からないところがあるのでカバーのスレや紙のヤケなど商品状態によって気づいた点は、デメリットも全て説明欄に書き記しておくのが良い。
服の場合は、写真やタグに記載されているサイズだけでなく、質感や実際の色味も載せておくと良い。
 
こうすることで、より誠実な出品者という印象が与えられるし、後々のトラブルを防ぐことができる。
同様に、もし購入されたあとに商品説明との相違点が見つかってしまった場合も素直に取引メッセージでその旨を伝えるべきである。
 
 

 クリックポストは使える。

クリックポストは追跡番号ありでA4サイズ、厚さ3cm、重さ1kg以内のものを全国どこでも164円で送れるサービスだ。
Yahoo!ウォレットにカード番号を登録して上のサイトからYahoo!IDでログインした後、購入者の住所と名前を入れると伝票がPDFで作成される。それを印刷して発送物に貼ってポストに投函するだけである。
サイズ内であれば服も送れるし、郵便局まで行かずにポストに投函で済むという非常に楽なサービスだ。
取引完了までの時短になる発送方法なので、とてもお勧めである。
 
 
 

 菩薩のような心で取引すべし。

最後にこれが一番大事だと思う。
幸い今までは良い購入者と取引してこれたし、自分も購入者側のときは出品者が不快な気分にならないよう心がけてきた。
しかし、中にはコンビニ・ATM払いで無連絡でキャンセル期限日になるまで支払わない人とか、購入してすぐ挨拶もなしに「明後日までに届くようにしてください!」と注文してくる人とか、こっちはAmazonじゃないんだよ!と言いたくなるような購入者もいる。
そんなときにどこまで大人な対応をできる=気持ちの余裕があるか がメルカリでうまくやる最大のポイントだと思う。
もちろん、コメント欄で半額以上値切られるとか、○○円なら即決です!とかいう謎の上から値下げコメントなどに大人な対応をしろと言っているわけではない。どこまでなら許容範囲なのか、その人と取引してもいいかというラインは決めておくべきだ。
 
ちなみに私ならコンビニ・ATM払いが遅れた場合は、キャンセルボタンが出たら一応相手に振り込んでくれる気があるのか聞いてその返事次第では通常通り取引するし、発送の日時指定で出来そうもない場合は素直に断る。
 
 
 
以上4点がメルカリを半年間やって学んだことである。
 
挙げてみるとまあほとんどのメルカリユーザーにとっては当たり前なものばかりになってしまったがご容赦頂きたい。
  
メルカリはあまりにも手軽に取引できるゆえに知らず知らずのうちにストレスが溜まることもある。
そういうときは一旦メルカリから離れることも必要である。
 
メルカリで生計を立てるなどしない限り、たかが利益の知れてるフリマアプリでイライラするのは損だと考える。
ちゃんと取引をしようと意気込みすぎて短気な気持ちでにならない程度に、メルカリを活用するのが総合的に見て一番賢い方法であると私は思う。
 
 
 
 
 フリマアプリでおこづかい稼ぎ&いいモノ探し (Gakken Mook)