ぐうたら女の一生。

やさぐれたOLが書きたいことを何でも書く。

大阪に弾丸一人旅してきた①。


スポンサードリンク

f:id:kadr:20160906014021p:image 

 

現実逃避欲がピークを迎えたので、大阪に弾丸一人旅に行ってきた。

 

なぜ大阪かというと、

  • 完全ノープランな弾丸旅行でも観光スポットが多いので手持ち無沙汰にならなさそう
  • レンタカーを借りる必要が全くなく電車でスムーズな移動が可能
  • 食べ物が美味しい
  • 都会なので一人でいても浮かない

ざっとこんな理由。

 

でも大阪に行きたい理由は完全なる後付けで、本当は一人旅できればどこでもよかった。

ただやはり一人で観光は初めてだったので、都会な大阪にした。情報がめちゃくちゃあって人が多いという点で一人旅のハードルは下げといて正解だった。

 

一人旅することと大阪に行くことと、休みの日は決まっていたけど、休日当日に「よっしゃー今から大阪行くぞー」とは絶対ならないのが私である。

 

なので、夜行バスとホテルだけは予め予約しておいた。

バスは🚍 夜行バス比較なび 全国の高速バス・夜行バスの最安値情報・予約 ひとまずここで予約して、

ホテルはビジネスホテルでもゲストハウスでもラブホでもなんでもよかったのでBooking.com: 1,030,560 hotels worldwide. 103+ million hotel reviews. で探した。

ちなみに夜行バスも初めて。新幹線に乗れるお金がないわけじゃないけど乗ってみたかったので乗ってみた。

夜行バス自体どんな感じなのか勝手がわからないので、女性専用車、コンセント・トイレ付き、ゆったり、出発時間遅めで乗車時間短めというバスを選んだ。

完全に寝ることに重点を置いたバス選択である。

 

感想は、コンセントとトイレは不要だった。

ちゃんとSA止まるし、そもそも消灯したらみんな寝ることに集中して身動きも取らないしバスのトイレなんて使わないんだね。

座席が一番後ろだったのでリクライニング全倒しできたのはよかったけど、エンジン音が直で聞こえて少しうるさかった。まさに一長一短。

耳栓とアイマスク、マスク、あと目的地に着いた時の足のむくみが尋常じゃないのでメディキュットは必須。

でも初夜行バスにしてはすごくぐっすり寝れたし快適だった。

起きたらもう目的地っていうのが海外旅行みたいでよかったな。笑

 

そんな感じでバス選択から乗った感想まで書いてしまったけど、当日は0時東京発の7:30難波着というバスに乗って、無事に難波に着いたわけである。

 

ただ私は夜行バスを取って満足して、到着後のことまでシュミレーションしていなかったので着いて「ここ本当に難波?」と思った。

なんばって大きい駅だと思ってたけど、バスターミナルらしきところではないし、人気はないのに一時間前くらいまで人がいたであろう雰囲気の居酒屋がたくさんあるような、高田馬場とか歌舞伎町の朝を感じる場所で降ろされたのである。

あとで大阪の人に聞いたら裏なんばというところだったみたいですねー。

夜行バスは予約して満足するのではなく、駅のどのへんで降りるかくらいはちゃんと把握しといたほうがいいなと思った。

寝起きのヘロヘロな状態で降りると裏なんばから駅までわかりづらかったし少し参った!笑

 

 

ひとまずここで終了〜

次回も続きます。