ぐうたら女の一生。

やさぐれたOLの自分語り。

左右で違う大きさの目に悩んでいたので埋没してきた。


スポンサードリンク

お久しぶりでございます。

 

今日はタイトルのまんますぎるんだが、左右で大きさの違う目に悩み続けていたのでついに片目だけ埋没してきたよっていう話。だけどとりあえずそこに至った背景だけ書く。笑

 

私は元々左目が並行の二重、右目が奥二重と左右の目の大きさが違っていて、徐々に化粧とかを覚えて自分の顔をまじまじ眺める機会が増えれば増えるほどそれが気になりだして、中3の頃にはアイプチが手放せなくなってしまった。

とはいえ、まだ若いし成長期真っ只中だったから、成人になるにつれ身体が色々安定していくように、目もクセをつけていけば1〜2年後には平行型の二重になるだろうと思っていた。

 

それが全然クセが付かなかった。

毎日右目だけアイプチやらアイテープをするんだが、朝起きたときのむくみとかでかなり毎日二重幅のコンディションが違うし、まぶただってそんなに強くないからちょっと新しいアイプチやらアイテープを買うと荒れたり合わなかったり上手く二重が作れなかったりする。

 

高1くらいからはメザイクと今は亡きABファイバーを駆使して自分でもなかなか上手く理想の二重を作っていたように思う。友人にもあまり突っ込まれたりすることもなかった。

 

しかし18歳くらいになってくると、「あれ、私クセ付けのためにアイテープしてたのに、クセなんてついてないし外に出るときに欠かせないものになってない?」ということに気づき出したのである。

そしてもう自分の中で左右の大きさが違う目では外には出れなくなっていた。

たまにアイテープが取れてしまった状態で人に会うと、左右の目の違いに大体は気づかれないが、自分から今日目が調子悪いんだよねとか言うとそんなに分からないなどと言われたので、強迫的に自分で目の大きさが非対称なのは綺麗じゃなくてブスと思ってるだけかと思っていた。

が、どうやって考え方を変えてもこの左右非対称の目は好きになれなかったし、だんだんコンプレックスになっていった。

 

前は1日アイテープをしたら次の日はなんとか左目と対照的な二重をキープできていたのに、クセがますます付きにくくなってしまって、とうとうここ半年くらいは加齢なのか毎日パソコン作業で下を向いているからか朝つけたアイテープが定着しなくなってきた。

こうなるともうストレスはマックスで、一刻も早く整形したいと思うようになった。

今まで整形を考えたことはもちろんあったがそれよりは顔にメスを入れることには多少のためらいがあった。

しかしここ最近は毎日のアイテープと二重が崩れるというストレスが勝ってしまってついに、半ばヤケクソで埋没をすることにした。

半ばどころかもはやヤケクソなので、あまり真剣に美容外科の調査とかもしてないし場面で埋没したという感じも否めない。度胸だけは自分でもすごいと思う。

 

と、ここまでが背景。長いなw

実際どんな感じだったかは次書きます。