ぐうたら女の一生。

やさぐれたOLの自分語り。

美容代に比例する虚しさ。


スポンサードリンク

ここ2〜3ヶ月、ただ生活しているだけなのにいつもよりお金がかかる。

そしてそれをわかっていながらも、金がかかることでやりたいことが多すぎる。

 

たとえば今、実際にたくさん買っているのにまだ猛烈に服が欲しくて暇さえあればネットで服を探してるし、服を買ったら次は服に合うような化粧がしたくて化粧品が欲しくなるし、化粧するとなると肌コンディションが悪いのが気になるからスキンケア用品探すし、髪もなんか切るなり染めるなりして変えたいし「歯白いね」って人に言われるくらい歯を真っ白にしたい。あと顔が歪んでるから小顔マッサージ行きたいし、資生堂のメイクアップレッスンにも行ってみたい。

我ながら血迷っているとしか思えないうえに、どうしてこんなに全て外見関連のことでやりたいことが多すぎるのか理由がわからない。まるで高校生の頃みたいに自分に手をかけてないから私はもっと綺麗になれるとか今も無意識に思ってしまっているのか。ちなみに中高校生の頃服や化粧に執着していたのは、それが好きだったからというより周りから浮かないためっていうのと、ついでにモテたいという欲望からだった。あまり認めたくないけどついでじゃなくて後者が本当の理由。そのあと、見た目より中身でしょとか思い始めて、元々捻くれてた性格が今となっては捻じ曲がってこんがらがって解けなくなった感じ。まぁこれは完全に蛇足である。

今ももちろん、見た目に拘ったり美意識上げたりするのはいいことだと思うけど、私の場合何のためにやっているのかという明確な理由がないからなんか虚しくなるし地に足ついてない感じもする。(別に見た目にこだわる理由がモテたいからだけだとは全く思わないが、私の貧困な発想力だと結局のところ人によく見られたいとかモテたいが一番の理由じゃないのと思ってしまう。)

 

そして、全然最近冷静じゃない。仕事もプライベートも落ち着いて物事とか考えられない。なんか頭が思考を拒否してふわふわしてる。

その分買い物は感覚でお金使ったらそれで終わり。可愛い服買ったら可愛い服買ってテンション上がって楽しい。合わなかったら失敗したで終わりで金銭的なダメージしかない。考えなくていいというのは本当に楽。

 

この記事書いてて、ちょっと落ち着いて物事を考えられないなんて今の私のメンタルに問題あると気づいた。冷静になりたいから考える時間を欲しい。日曜日にこんなことに気付くなんて遅かった。何が言いたいかというと、仕事行きたくない。

 

最初は、最近美容代増えたなってことを書きたかったんだがオチも考えず書き始めたらただのぼやきになってしまった。いつものことか。

 

おわり。