ぐうたら女の一生。

やさぐれたOLの自分語り。

五月病になりそう。


スポンサードリンク

いきなりだけど、ミサワみたいなこと言わせてほしい。

今年の繁忙期は自分比でめっっっっちゃ仕事した。

普段は「残業しない」をモットーに定時時間内に終わらせるよう仕事をしているので、週2回も残業したらだいぶブルーな気分になるし体調も元気ではなくなるが、今回はそんなこと言ってられないくらい仕事量が多かったのでメンタルを整えながらひたすら毎日こなすしかなかった。

そんな生活を1ヶ月くらい続けていたら、ランナーズハイになったのかもしれないが大分ハイテンションになってきてしまった。

平日の残業を難なくこなすことに加え、仕事終わり友人と飲みに行って騒いだり休みも早起きして出かけてみたりと今までの私にとってはありえないくらい活動していた。

気力体力ともに無理をしているつもりは全くなかったが、普段こんなことをしないで暮らしている分、必ずどこかでガタがくるだろうと思っている。

それで、おそらくこのゴールデンウィークにメンタル的な不調が来るだろうと睨んでいる。

 

なぜかというとこんな人生つまらないと常々思っているようなやさぐれた人間が今、実は色々なことが楽しいと感じている。

仕事は量が増えたことで今までみたくなかなか片付かなくなってきたが、我慢できないような不満などもなく割と淡々とやっていけてるので、悪い状態ではない気もする。相変わらず働くことは嫌いだし、仕事も常に辞めたいと思っているけど、今の状態が苦痛なわけではないという感じ。

プライベートも何か新しい知識とか見聞を得る時間はないが、友人と丸一日バカな話して飲んだり出かけたりするのが楽しいし、珍しく交友関係が広がったりしてるし、一人で出かけたり動画見たりネットショッピングするのもいつも通り楽しい。笑

 

自分が「今楽しい」って思えることって大学生前半のときからほとんどなかったし、常に不満や悩みを抱えて生きてきた人間が特に悩みもなく暮らしている現状が少し怖くもある。

ここ数年は特に、本当に良いことが一つもなかったからか、なんか普通にのほほんと生活してたらそのうち大きな壁に直面しそうな気がする。…気のせいだとは思う。というか思いたいが。

とりあえずこのゴールデンウィーク明けに五月病にかからないように、不満のない現状を「そのうち悪いことが起こる」とか考えずに受け止めるところから始めてみることにする。

卑屈に生きてきた人間にとっては結構ハードルが高いが、今年はこのゴールデンウィークを精神的に乗り越えてみたいと思う。